2017年03月19日

30代からの美の在り方!

 『何をあきらめて、何を捨てるのか。。。』
 『何を目指して、手にいれるのか。。。』
 30歳からの人生を選択しなおすために、知っておくべき知識とは?

 上を向いて歩き続けるために、今できる『選択』て何だろう???


1、20代と同じ食生活は通用しない

30歳からは、肉体的に、中年の域にさしかかろうとしています。

歳を重ねるごとに衰えたくなければ、
まず食生活についてもしっかり考えるべき年齢です。

まず、
「塩分の摂り過ぎ」には注意しましょう。

と言っても、まだ30代前半なので、
高血圧などは気にしなくてもよいですが、

「ラーメンや日本そばのつゆを全部飲み干す」
などと言った事は、辞めましょう!!

「塩分」と並んで気をつけたいのが
「脂肪分」です。

「脂肪」の過剰摂取は、エネルギー過多で
肥満になりやすいので気をつけて下さいね!!

「塩分」と「脂肪分」を控える一方で、
「食物繊維」
はたっぷりとる事が必要です。

食物繊維は、肥満はもちろん、
まだ少し早いですが、糖尿病、高血圧、大腸がんといった
多くの
「病気を予防」するといわれています。

食物繊維を多く含んでいるオススメの食品は、

豆類、キノコ類、海藻などです。


rb-women-sharing-ice-cream-sundae-0809-de.jpg


 2、睡眠力の低下

1番、美容で大切なのことは、「睡眠」

しかし、美容に1番大切な事、「睡眠力」が低下しだすのが、
早い人だと、30代前半から始まります。

最近、熟睡できていますか?

眠気をもよおす時は、
私達の体内には「メラトニン」という物質が分泌されています。

メラトニンの分泌は、
「体内時計」によって管理されています。

通常は、朝起きてから14時間後に分泌が始まり、
2時間程で睡眠に十分な量に達すると言われています。

朝7時に起きれば、夜9時頃からメラトニンが出始めて、
11時頃に眠くなる計算です!

これなら翌日の朝7時まで、8時間ぐっすり眠れます。

しかし現代では、昔に比べてパソコンを扱う仕事内容が増えたため、
「体内時計」の管理をするのが難しくなってきているようです。

では、どうすれば良いかというと。。。


出来るだけ毎朝同じ時間に朝起きて、太陽の光を浴びる。

そうする事で、体内時計が「朝」にリセットされます!!!

不規則な時間のお仕事も方には、もっと簡単な方法で、

「ベットのマットを交換する!」
と、睡眠の質が向上しますよ。

もちろん、安いマットではなく、少し値段は高くなりますが、
スプリングコイルが密に入ったかためのマットがオススメです。

快適な睡眠は、日中の活力の「源」ですので、
「食」と同じくらい、あるいはそれ以上に大切ですよ。


ghk-free-up-an-hour-sleeping-lgn.jpg

 3、エステティックサロンに通う

これは、日々の雑踏とした日常から離れ、「リラックス」でき、
更に、
「美しく」なってしまおうという、
一石二鳥な
「極上の贅沢な時間」が味わえます。

日々、仕事でストレスを感じているあなたの身体に、
月に1度の
「ご褒美」を、あげて下さい!

せっかく「エステ」にいくなら、

「短期間で効果がある」、「お店の雰囲気が良い」、「安心かつ安全」
な「エステ」でないと意味がありません!!

私がオススメする『エステ』は、
顧客満足度ランキング痩身部門、サロンの信頼性・知名度でNo.1
を獲得した
たかの友梨です!

たかの友梨では、経験豊富なプロフェッショナルが、
年齢によって異なる悩みや、一人ひとり違う体質からなど、
あらゆる角度からカウンセリングをしてくれます。

一人ひとりの悩みに適したケアを提案し、しっかり結果もだしてくれますよ!

そして今なら、お試し価格
最大89%OFF3000円から、
エステを受ける事が出来ます!


詳しくはコチラをご覧下さい↓

【最大89%OFF】本気でダイエット♪たかの友梨♪本格エステ トリプルアタック痩身法



通常、エステをこんな格安で味わえる事は出来ないので、
是非、この機会に
『極上の贅沢な時間』に、
出会ってみてはいかがでしょうか?






そして、女性として、いつまでも綺麗であり続けましょう。。。☆彡










posted by まさ at 18:39| エステ体験で女度アップ | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

年をとるほどに不幸な国、日本

「あなたは今、幸せですか?」

もし、胸を張って「幸せです」と答えられるとしたら

それこそ本当に幸せなことです。

というのも、じつは日本という国で幸せに暮らすことは

意外と難しいことのようだからです。

例えば、イギリスの社会心理学者であるエードリアン・ホワイト氏の

「国民の幸福度」に関する調査によると、

日本国民の幸福度の順位は178ヶ国中で90位。

82位の中国よりも幸福度が低いという評価になっています。

しかも、アメリカでは38歳くらいを境に年をとればとるほど

幸福度が増していくのに対して、

日本では年をとればとるほどに幸福度は低下していきます。

35歳の幸福度は15歳のおよそ半分。

ここからさらに悪化していきます。

さらに、日本が決して幸福な国ではないとこを如実に物語っているのが、

自殺者数の多さです。

過去10年以上にわたって、自殺者数は3万人を超え続けています。

幸福度が低く、年をとるほどに不幸になり、そのうえ自殺者数が多い国、日本。

もちろんここで国家のことについて書くつもりはありません。

大切なのは、かけがえのない自分自身であり、

愛する家族たちです。

あなた自身の家族を築き、

あなた自身とあなたの家族が幸福になることを考え、

幸福な生活を目指して努力することは、

幸福になるもっとも重要な条件です。

あなたの幸せの延長線上に、

きっと他人の幸福もあるはずです。

いったいどうしたら幸せな家族を築き、

快適で幸せな生活を送れるのか一つ一つ考えていきましょう。

そのためにも、配偶者選びはとても大切です。

理想の相手が見つからなと悩んでいる人は、

続きはこちらです(*^^*) 


【本気で結婚!】
http://around35years.seesaa.net/article/382039801.html?1388314051


posted by まさ at 21:56| 幸せになるための方法 | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

結婚の真実

婚活中だけど、
いざ結婚相手となると
どういう人を選んだら良いか分からない・・・


配偶者選びに関して、
独身者が着目するべきことは何でしょうか?

ゲーテ岩曰く。。。

「王様であろうと。百姓であろうと、
自己の家庭の平和を見いだす者がいちばん幸福な人間である。」


誰かを信用し、誰かに信頼されるという実感は、
ものすごい
エネルギーを生みます。

その本質の上にみ、
平和な家庭が築かれるのです。

なので、もしあなたが独身であれば、
それはそれで
幸運といえるかもしれません。

というのも、比較論でいえば、

『すでに信用できるかどうかわからない相手』
と結婚してしまった人が、
その相手を信用できるように努力するよりも、

『これから信用できそうな人』を見つけ、
結婚することの方が、簡単だからです!!

実際、世の中には、
信用できない相手と結婚してしまい、
あるいは、結婚してから信用できなくなり、
「ああ、しくじった」
と嘆いてる既婚者がゴマンといます💧

そういった失敗例を反面教師にできるという点において、
これから
『信用』をポイントに
相手選びができる未婚者の方が恵まれているのです✨

別に、独身の方をなぐさめているわけではありません。

ただ、いまさら信用できない相手をつかまえないように注意しましょうね💡


相手の見た目の良し悪しよりも、趣味が合うかどうかよりも、
重要なのは「信用」です‼


free-weddings-couple-holdinghands-onbeach-iStock_000012610694Small.jpg

では、「信用できる人」は、どこにいるのでしょうか?

昨今、「婚活」がブームとなり、多くの女性が、

”合コンでモテるテクニック”
といったことに焦点を当てるようになりました。

そして日夜、
そういった視点で相手探しにいそしんでいる人がいます。


ぜひ、やめましょう!!

そんなことをして見つけた男性に、

「あなたは、お金を貸せますか?」

「誰にも言えなかった悩みを相談できますか?」


信用できない恋人が法的な配偶者となっても、
それは家族のようであって家族にあらず。

どうしたら
「信用できる相手」に出会えるか?

本当に、本当に結婚したいなら、あなたは、

1、今まで通り、相手が見つかるまで、自力で頑張る
2、結婚したい男性が集まっている所にいき、結婚の道を歩く


どちらが、賢い選択だと思いますか?

もし、『1』を選ぶようでしたら、
本気で結婚したいと思っていないのかもしれませんね?


本気の出会いを求めているのなら、
この続きはコチラ・・・↓

http://around35years.seesaa.net/article/382039801.html?1388049776



posted by まさ at 01:30| 幸せになるための方法 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。